会社案内

1903年創業から受け継いできた良質な原皮の調達から鞣し、染色、加工まで卓越した技術力が信頼の証です。

Scroll
HOME > COMPANY

Sinse 1903
はじまりは明治36年。

創業は明治36年(1903年)、現在の代表取締役小笠原誉行より三代前の小笠原鎌ノ助が「イセショウ」から独立、太平町(現在の太平)に工房を構えたことから始まる。
その後大正12年(1923年)の関東大震災をきっかけに隅田町(現在の墨田)に移り、現在の基盤を作りました。
先々代の小笠原善兵衛はその後を継ぎ、戦後大いに発展。
先代の小笠原謙次は、昭和39年(1964年)に株式会社とし、また昭和46年(1971年)には現在の柏市内に二つめの工場を建設。
平成16年(2004年)、小笠原誉行が代表取締役に就任し、現在に至る。

会社概要

会社名
株式会社小笠原染革所
所在地
〒131-0031 東京都墨田区墨田4-31-7
電話/FAX
電話:03-3611-6951 FAX:03-3616-6703
代表者
代表取締役社長 小笠原誉行
許可・認可
東京都公害防止条例認可工場 認可番号1681
加入団体
日本タンナーズ協会、日本ソフトレザー事業協同組合、日本皮革技術協会
設立
昭和39年4月6日
主要取引銀行
りそな銀行 浅草支店、東京東信用金庫 隅田支店
主要取引先
吉比産業(株)、(株)協進エル、深誠商事(株)、(株)タテマツ、(株)ニッピフジタ、他

取扱商品

原料
ラム、シープ、キッド、ゴート、ディア、カーフ、キップ
原産国
スペイン、フランス、ギリシャ、エジプト、サウジアラビア、南アフリカ、ナイジェリア、インド、パキスタン、中国、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、バングラデッシュ等
鞣し種類
クロム鞣し革・白鞣し革・植物タンニン鞣し革等
用途
靴甲革用・ハンドバッグ用・ガーメント用・財布等小物用
製品品目
スムース、スエード、ナッパ、シュリンク、ウォータープルーフ、ヌバック、プルアップ、箔等

革1枚からでも承ります。
皆さまの"こだわり"をお聞かせください。

"もっと新しい革と出会いたい"、"もっと面白い皮革製品を作りたい"と思っている方、
企業の製品開発の方、革製品の職人の方など、お気軽にご相談ください。

〒131-0031 東京都墨田区墨田4-31-7
電話:03-3611-6951 FAX:03-3616-6703

CONTACT US

革を手にとって色や質感を確かめたい方には革見本帳をお届けします。(有料)